「経営ドクター倶楽部・・」(599号)

5月の終わりに、港区商工会のセミナーに出席した際に、講師の松本先生と親しく

なり、「今度事務所に遊びにいらっしゃい」とお声掛け頂き、わざわざ秘書の方から

もご連絡を頂いておりましたので、月曜日に宝町にある会社を訪問してきました。

ブログ「経営の確認に行ってきました・・」(591号)

https://www.aza-eng.co.jp/archives/6459 でも以前ご紹介している先生です。

松本先生は、70歳ですが本当にお元気で、熱血漢。話しているとその迫力に圧倒さ

れます。経営についての考え方や、やり方など沢山アドバイスと頂きました。

話をしているうちに、力が入ってきて、怒り出して、何度か叱られました。(笑)

この年で、人から叱られることはあまり無いのですが、悪い気はしませんでした。

本気で私や会社のことを考えてくれているんだと、ぬくもりさえ感じました。(^_^;)

「経営ドクター倶楽部セミナー」に参加するために本日もお伺いしてきました。

「勝者の条件は、自身の将来を明確にデザイン出来る能力を備えること!!」

セミナールームのホワイトボードに書かれていた言葉です。

これからの時代は、先が全く読めない時代。例えば通信も4G→5Gの時代が間もなく

来る。通信速度は何と、100倍になり6Gの世界になると、会社に出社することが

必要無くなるとも言われています。自動車の自動運転も・・離島の配送はドローン

が行う時代も間もなく・・もう数年すると、デパートに行って試着したものがオーダー

されて自宅に届く・・そんな時代がすぐそこまで来ている。世の中が物凄いスピー

ドで変化していく中で、「あなたの会社は今やっている業務は、3年先、5年先にある

んですか!! 確信はありますかっ!!大丈夫ですかっ!!」とまくし立てられまし

た。10年先とかではなく、年先とか5年先の話です。確かに、私達の事業の1つである、

機械設計の業務はAIが入ってくると、確実に縮小する仕事とも言われています。

3Dのモデリングも製作図面の作成もAIに取られてしまう日が来るかもしれません。

だから先の先を読んで、変化に対応して舵取りをしていくことが、経営者の大事な仕事に

なります。先生はだからこそ「経営者は仕事をやっちゃダメ!経営者にしか出来ない

ことをやれっ!とにかく勉強しろっ!」と何度も何度も、吠えていました。(笑)

7月まで、8つの勉強会・セミナーを申し込んでいます。しっかり勉強して、学び、

どんどんOUTプットして行きます。~次号は「600号!!」~

———————————————————————————AtoZtoA—-
 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA