「2024年・経済見通し要約」(1445号)機械設計業務を定額料金・サブスクで提供するAZA

技術屋のサブスク 昨年末に発表された2024年の日本の短期経済見通しについて簡単にまとめてみました。主なポイントは以下の通りです。私たちの半導体産業は活発で景気が良い状態にありますが、全体的な経済状況を参考にしてください。(イラストCHATGPT制作)
1)2023年7~9月期のGDP成長率の下方修正:実質GDP成長率が前期比-0.7%(年率換算-2.9%)と、1次速報よりも下方修正されました。これは個人消費と在庫投資の弱さによるもので、景気の腰折れを示唆するものではありませんが、回復力に欠けることを示しています。物価高がマイナス成長の主な原因とされています。
2)短期的な景気回復の見込み:2023年10~12月期からはプラス成長に戻る可能性が高いです。米国を含む海外経済のリスクが減少し、雇用状況の改善、賃金の増加、企業の設備投資意欲が高まっています。しかし、物価上昇や消費者マインドの冷え込み、人手不足といった問題が残っています。
3)2023年度の実質GDP成長率の予測:前年比+1.5%と予測されています。これは2022年度と同じ伸び率ですが、実際の成長は+0.5%と小幅です。
4)2024年度の景気見通し:実質GDP成長率が前年比+1.0%と見込まれており、緩やかな回復が続くと予想されています。しかし、物価高や供給制約、海外経済の減速など、下振れリスクが存在します。政府の物価高対策が2024年4月に終了することも影響を及ぼす可能性があります。
5)賃上げの重要性:2024年度の景気回復は、春闘での賃上げ率に大きく依存します。企業利益の増加や労働市場の緊張が賃上げを促しますが、不透明要因が多く、大幅な賃上げは難しいとされています。
6)2025年度の見通し:実質GDP成長率は+1.5%と予測され、賃上げの継続が重要なポイントです。物価上昇圧力の鈍化と海外経済の安定が、内需中心の景気回復を支えると見られています。
まとめ)日本の経済が緩やかな回復を続けるものの、物価上昇や供給制約などのリスクが残る状況を示しています。政策対応と国内外の経済環境が今後の成長を左右する重要な要素となっています。 定額制・技術サービス ←

エンジニアリング事業部・最近の実績☆☆AtoZtoA