ソリューション

AZAエンジニアリングがさまざまな“困りごと”の解決策をご提案いたします!

このようなお困りごとはありませんか? AZAエンジニアリング事業部が機械や装置などの設計で培った技術と経験をもとに、お客さまのお困りごとの解決事例をご提案いたします。

① 機械や装置の小型化&簡素化(スリム化)

機械や装置の小型化&簡素化(スリム化)製品のコストダウンには、製品の生産設備や機械装置の簡素化や、工場レイアウトに合わせた大型装置の小型化など、面積単位の生産性を向上させることが有効です。AZAエンジニアリング事業部では、こうした生産設備や機械装置の簡素化や小型化から生産性を向上させるお手伝いをいたします。

② 機械や装置の手動→完全自動化

機械や装置の完全自動化少子高齢化時代を迎え、労働人口が減少していく日本では、いろいろな分野で自動化が重要になっています。自動化することによる設備投資よりも、生産コストの削減や品質の安定や向上、人材の有効活用などのメリットが格段に大きいからです。AZAエンジニアリング事業部では、大型装置容器のLID開閉機構を自動化するなど、多様な実績からご提案いたします。

③ 機械や装置の原価低減(VE=Value Engineering)

機械や装置の原価低減(VE)品質はあたりまえの時代、商品の競争力はコストにあります。コストはメーカーの開発技術力・資材調達力・製造技術力・営業力・管理力など“総合力”。一朝一夕に改善できる種類の問題ではありません。AZAエンジニアリング事業部では、設計・開発段階で必要なコストを独自算出し、徹底的な削減を伴った設計開発を行っております。VE(Value Engineering)による開発及び設計、素材、構造などの見直し、購入品の再検討などお任せください。

④ 機械や装置の作業性UPでランニングコストダウン

機械や装置の作業性UPでランニングコストダウン長年培った経験とノウハウを活かして、最も効率的な治工具(メンテナンスパーツ)をご提供。各種治工具(メンテナンスパーツ)作成により、製品の品質安定、作業時間の減少などが見込まれ、効率よく生産できる体制を整えることができます。

⑤ 機械や装置のスピードUPで生産性をアップ

スピードアップ徹底的に無駄を減らし、タクトタイムを縮める設計(パーツ性能を見直してスピードアップ)が可能です。そのほかにも、装置の部分的自動化を図り、生産性をアップさせることで製品のコストダウンに貢献。持続性のある安定した生産計画が望めます。

⑥ 機械や装置のデザインUPで付加価値をアップ

機械や装置のデザインUPで付加価値をアップデザイナーによるモデル作成により、旧モデルの問題点を解消しながらスタイリッシュな機械モデルの提案が可能です。デザインの力で機械装置の魅力を強化。日々作業する作業者のモチベーションも上げることで生産性のアップも図れます。