「コロナに勝つ挑戦・・」(780号)

創業8年目のベンチャー新聞である「かながわ経済新聞」この新聞は日本初・・

「中小・小規模企業に支えられた中小・小規模企業のための新聞です」弊社も広告掲載

をお願いしています。また連載マンガ「お仕事探検隊・隊長ココロちゃん」も弊社

デザイングループの今田さんが制作するマンガです。かながわ経済新聞は2013年7月

設立、14年本創刊の月刊新聞です。神奈川産業振興センター、横浜企業経営支援財団、

相模原市、綾瀬市、相模原市産業振興財団、川崎市産業振興財団、特許庁などの行政

とも提携して記事を発信しています。県内の主要図書館にも置いています。大阪で人気

の「日本一明るい経済新聞」と連携。紙面の半分を「日本一明るい経済新聞・神奈川版」

にしています。記者が年間約500社の中小・小規模企業の経営トップを直接取材。

「なぜ、儲かっているのか?」、元気経営の秘密を探り、紹介。読者に、「そうか、

こうすればやれるのか」といった経営のヒントをつかんでいただき、“自信”と“やる気”と

“明るさ”を取り戻してもらいたいとの願いがこもっています。コロナ禍で、私達の環境は

大きく変わり、その環境に対応することが生き残ることに成ってきています。この新聞の

最新号には、コロナ禍で様々な対応を行っていたり、商品を開発したりと、奮闘する企業

の記事が満載です。非常に勇気をもらえます。コロナの影響が直撃する中小の物流業者

が生き残りをかけて連携し解決につなげた記事。コロナ抗体検査キット発売、観光バス

会社が感染拡大防止ツールを開発、壁掛けできるUV殺菌装置の開発、営業ツールとして

Youtubeチャンネル開設、無水アルコール80%の除菌スプレー開発などの記事・・。

知人経営者が「展示出展サポート」を行っていますが、展示会が軒並み中止になる中で、

企業にとってPR出来る場として社内の空いているスペースを有効活用し展示会出展時と

同じブースを設けることで常時PR出来る取り組みに挑戦しているなど・・。新型コロナ

にどう勝つか?ヒント満載です。私達のお取引していただいているお客様も、大分平常に

戻りつつあることを感じていますが、業績の回復までには、まだ少し時間が掛かる見込み

です。弊社でも知恵を絞り勇気を武器に、コロナに勝つ!超・積極営業を展開する計画が

あります。来月の創立の日に合わせて創業31周年の感謝をお客様にお伝えする

「チラシ入りマスク」を発注していましたが、昨日納品されました。9月後半から10月

末まで「キャンペーン期間」を設定して、日頃の感謝を伝えながらお客様、お取引先に

お配りしていきます。営業課のスローガン『運動量=受注!』「動いて!」「語って!」

「もぎ取る!」実践していきます。

———————————————————————AtoZtoA——

 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA