「思い込み・が人に与える影響は大きい・・」(762号)

明日からの4連休、お出かけの際はコロナ感染症対策を万全に、3密を避け楽しい

お休みをお過ごしください。

さて本日は、「プラセボ効果」についての新聞記事からのご紹介に成ります。効果の

ない薬(偽薬)も“よく効く”と伝えると、実際に効きます。この思い込みの影響を

プラセボ効果といいます。例えばこんな実験を行い効果を測定しました。

アメリカで電気ショックの実験を行った話があります。被験者を2つのグループに分けて

電気ショックの痛みを和らげる薬を投与する、という実験がありました。1つのグループ

には「1錠たった10セントの薬」と説明し、もう片方には「2ドル以上もする新薬」と

説明しました。……が、実はどちらも偽薬だったのです。結果として、「新薬」と説明

されたグループの方が痛みの軽減効果が大きかったとされています。「高い薬の方が良く

効く気がする」という感覚、みなさんにもあるのではないでしょうか・・?

またうるしを使った実験では・・「うるしに触るとかぶれる」は有名な話ですよね。それ

にまつわる実験で、2つのグループに分けた被験者に「うるしの葉」と「栗の葉」を触ら

せるというものがありました。しかし、うるしを触らせたグループには「栗の葉」と、栗

の葉を触らせたグループには「うるしの葉」と、逆に説明しておいたのです。驚くことに

栗の葉を触ったグループに発疹が出て、うるしの葉を触ったグループには何もなかった

という結果になっています。このような効果の「プラセボ効果」ですが、同様に老いに対

する思い込みが記憶に及ぼす影響もあります。若年者から高齢者までを2グループに分け、

記憶に関する同じ課題に取り組む実験を行いました。一方には“記憶の調査”、もう一方には

“学習機能の調査”と伝えました。すると前者では若年者が好成績を収め、後者では年齢差は

認められませんでした。高齢者の記憶力を低下させた要因に、“老いると記憶力が衰える”

との否定的な思い込みが影響するといわれます。「(加齢による)さまざまな変化を受け

入れ、自分を肯定的に評価することが、思い込みによる記憶力の低下を防ぐのです。

“出来ない”と思えば、力はあっても出なくなりますし、逆に“出来る”と思えば可能にする力

を万人が持っているのです。今、先の読めない難しい時代にあって「肯定力」の大切さが説

かれています。肯定力とは、「ありのままの自分を受け入れ、尊重する感覚」という意味です。

悪い状況に置かれたり不運に見舞われたりしても、「それでもなお、自分には価値がある」

と思えることです。自分に対する自信や肯定力を持つことが「プラセボ効果」にもつながる

のでは無いでしょうか。「良い思い込み」大切ですね。

———————————————————————AtoZtoA——

 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA