「実学から学ぶマーケティング・・!」(638号)

昨日、神奈川県中小企業同友会主催の「経営基礎講座~実学から学ぶ!企業の商売力

を強化する基礎講座~」の第1回目「会社の業績を伸ばす実践手法」マーケティング

の講座を受講してきました。講師は「神楽坂コンサルティング㈱代表取締役 竹内

一郎氏」現在はコンサルの会社を経営されいますが、以前には上場企業にまでなろう

としていた企業の経営者でありました。上場寸前で、コンサル会社に乗っ取りに会い

泣く泣く会社を清算された経験があるそうです。ですので、企業を経営されていた

自身の経験が裏付けになった、「実践的なマーケティング戦略」の講義でした。

企業は、「創業期」⇒「立上期」⇒「足踏み期」がありそこから<ブラッシュアップして>

「成長期」⇒「飛躍期」に行く道と、<手を打たずジリ貧>「低迷期」⇒

ジリ貧期」の2つの道に別れます。ですので「足踏み期」では様々な問題が発生し

本質的な解決策が見えにくい「地固め期」でもあります。但し表裏一体で、

「足踏み期」は成長期へのターニングポイントになるのです。弊社に置き換えると、

現在「足踏み期」を迎え、出口にさしかかったところに位置します。私は、ここから

は成長あるのみと確信していますが・・。

そして、マーケティングを簡単に学びました。最後に成長する企業が必ずやっている

こと「商売力強化のシナリオ」を学びました。

Step1.会社を回す(経営見える化メーター)

  1.資金繰り表  →当月+3ヵ月間の資金繰り見通し

  2.月次決算書  →損益分岐点と売掛・買掛金把握

  3.商談管理   →未来の売上・粗利・入金・支払把握

Step2.利益を出す(損益分岐点)

  1.実戦的な当期経営計画    →社長のイメージする計画

  2.原価管理(採算)       →買掛金把握と積算見積

  3.役割と業務プロセスの見直し  →主体的に働く職場環境

Step3.会社を成長させる(戦略)

  1.マーケティング戦略  →顧客創造の戦略(創創役心)

  2.戦略的な中期経営計画  →会社の旗を立てる

  3.社風作り(人材・組織)    →適材適所と人材育成

残り6回の講座を、現在の弊社の経営に「問題は無いか?」「間違っていないか?」

を再びしっかり学んできます。ちなみに上記の「商売力強化のシナリオ」実は、

弊社既に全部取組んでいます。(^^) 「足踏み期」⇒<ブラッシュアップして>⇒

「成長期」⇒「飛躍期」の道を進んでいます。「成長間違いなしです!」

———————————————————————————AtoZtoA——

 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA