「新年度1ヶ月の取組報告・・」(630号)

夏が終わり、9月になりました。スーパーに行くと、少し前から秋の食材が出始めて

スナック菓子やビール、様々な秋限定の商品が陳列されるようになりました。

実りの秋ですね。弊社にとって実りの秋といえば・・・春から本格的に受注活動を

行ってきた「移載機」ですが先日嬉しいことに正式な注文書を頂きました。受注活動

に携わって頂いた皆様に心より感謝申し上げます。1号機も間もなく、設計完了⇒

製作に入る見込みですが、既に2号機・・・の話も出てまいりました。\(^o^)/

さて弊社では8月から新年度ですので、営業部では「新年度挨拶・営業」を展開中です。

お客様には全く関係ないのですが、「新年度のご挨拶に・・」とアポイントを取り、

面会して頂く口実になるんです。この作戦が功を奏して、年度初めから沢山の設計・

物作りの引合いを頂いております。早いものは見積⇒注文を数件頂きました。今期

絶好調でのスタートとなっています。また、設計請負⇒物作り企業に変化するために、

設計と加工を現在、ベトナムの企業に協力を頂く為に、複数社とNDA(秘密保持契約)

を結びました。一部では、既に依頼をはじめております。3Dのモデリングは

先週、発注済みです。図面作成や、3Dモデリングのコストは、1/3程度です。

その見積りを元にお客様にご提案したところ、即注文を頂きました。弊社としては

初めての試みですので、経過やOUTプットを精査しながら、今後の方向性を判断して

いきたいと思います。しかし逆に見方を変えれば、このような安価な海外の設計会社

が、どんどん日本に進出してくれば、驚異にもなります。対抗するにも私達の今まで

のやり方では、コスト的には到底刃が立ちません。特にベトナムの企業は、弊社の

ローディングの1/3、ホームページも日本のサイトになっており、直接電話をしても

日本語で会話が出来ます。若くて優秀な技術者を日本に派遣もしています。このような

企業形態の会社がゴロゴロしているんです。しかも日本の企業との取引をターゲットに

した会社が多いのも特徴です。昨年度からビジネスモデルの変更を、目指し少しずつ

変更してきていますが、このような面だけ見ても、私達の今まで通りの、業務展

開では近い将来、必ず息詰まることが安易に予測出来ます。やはり、スピード感を持って、

先手先手で変化に対応していくことが最も重要では無いでしょうか・・。

また同時に機械加工も現在見積中ですが、コスト的にはやはり日本の安い加工屋さん

よりも、なお3割程度安価です・・。以前のグルディスに「スキルUPをするには・・」

という議題が有りましたが、そのときに「設計だけでなく物作りを行う」との意見が

多く寄せられていました。今、弊社では設計請負会社⇒もの作り企業に変わる大きな

チャンスが巡ってきております。設計と物作りを行う中で、利益の拡大、スキルUPの

チャンス、メーカーになりさらなる可能性への挑戦が出来るのが、今このときです。

全社員が一眼となって取組んで行きましょう。

———————————————————————————AtoZtoA——

 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA