「ブランディングの取組み・・」(613号)

先週土曜日午前中に会社近所のスーパー「ヤオコー」にある「銀座コージコーナー」

に土曜日出勤の皆さんの差し入れを、購入しに行きました。いつもの店員さんが嬉し

そうに迎えて頂き、「毎月10日の日にケーキを大量購入頂き、有難う御座います。」

って!最近の購入は女性スタッフにお願いしてますが、覚えて頂いていたようで・・・

毎月10日の給料日に朝10時から皆でケーキを食べながら労をねぎらい、ワイワイ

やることをお伝えすると、感動されておりました。今日の差し入れのことも感心され

て・・・「本当に良い会社ですね~!」お褒め頂きました。わたしも以前ブログで

紹介した。「ヤオコー」の素晴らしい取組のことをお話して「ヤオコーさんだって

凄い取組していますよねっ」って・・ヤオコーさんは以前も紹介した通り、普通の

スーパーとちょっと違うんです。「ヤオコーの強さはパート社員のやる気にある」

と言われています。この点は私も利用していて、何よりも感じることです。

社員参加の運動会を行う日本企業は少なくなりましたが、ヤオコーは全店舗を休業さ

せて、さいたまスーパーアリーナを貸し切って運動会を開催したりもします。現場の

売り方は、現場に聞くのが一番早いと、マニュアル経営ではなく、現場社員の力を

信頼して権限を委譲し、顧客の声をていねいに拾うことを積極的に行っています。

『提案型スーパー「ヤオコー」徹底研究セミナー』という講座を開設しているコンサ

ル会社もあるほどです。日本のスーパーでは、調理いらずの「簡便」「即食」志向に

対応したお店づくりが進んでいます。中でも、ヤオコーは、提案型スーパーのリーデ

ィングカンパニーとして脚光を集め、最新店には連日視察が絶えません。既存店売上

高は前年比100%を超え、なお成長を続けています・・。

さて弊社は、間もなく決算を迎えます。仕組みを強化して、物づくりを積極的に行う

など後半は、大きく伸びました。但し、問題点や課題も浮き彫りになり今後の改善が

急務です。その根本原因は、「ビジネスモデル」です。今までは、ご依頼頂く「請負

設計業務」をこなすことがメイン業務でしたが、弊社の規模では収益が成り立たなく

なってきており「ビジネスモデルの変更」が必要になってきています。マーケティング

・ブランディングにもしっかり取り組み、企業価値を上げることが必要です。

ブランディングとは簡単にいうと、共通のイメージをユーザーに持たせブランドの価値

を高めていくマーケティング戦略の1つです。「◯◯というとあの商品」「◯◯といえば

あのサービス」「◯◯ならあの会社」と世の中の人に認識してもらえるようになれば、

ブランディングは成功と言われます。具体的には、手頃な価格のハンバーガー

と言われればマクドナルド、夢と魔法の国と言われればディズニーランドを思い浮か

べる方が少なくないかと思いますが、これはブランディングの成功事例の一つです。

昨今、このブランディングが、中小企業にも必要になってきていると言われます

弊社の具体的な取組みとして今週から、エンジニアリング事業部と、デザイン事業部

で、「戦略委員会」を発足させて取組みます。ブランディングには時間が掛かりますが、

今後弊社の最優先課題の1つとして出来ることから具体的に、取組んでまいります。

———————————————————————————AtoZtoA——

 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA