「人生はアクシデントの連続・・」(610号)

金曜日は、東京商工会議所、金融部会講演会に出席してきました。

出来たての東京商工会議所(丸の内二重橋ビル)にて「構造変化する世界経済と

日本の針路」を学んできました。詳しくは弊社トピックでご報告致します。

さて、最近体調や家のことでアクシデントに見舞われています。皆さんも日頃から

色んなアクシデントに遭遇されているのでは無いでしょうか?

私の住まいについてお話しになります。23年前に、小さな家を新築で購入しました。

当時は、バブルが崩壊していましたが、まだ土地が高い時代で、今より2割程度は

高かったと思います。建売物件でしたが、購入したときは、まだ家を建てる前でした

ので間取りや、外装、内装、照明器具、建材などこちらの希望を聞いてくれました。

しかし、結局は手配のミスなのか?希望と違う建材や、玄関ドアが付けられていま

した。交換の抗議や交渉をしましたが、後の祭り状態で結局聞き入れてもらえなかっ

たのです。私もまだ30歳と若く、舐められたんでしょうね。結局その建築業者は

その後1年もしないうちに倒産されました。アフターも受けられず、不具合が多かっ

たのも事実です。その後今から6年前に、少しの間、仮住まいに移り、外装、内装、

お風呂、トイレ、階段、ベランダの増築、地下室など大幅なリフォームを行い現在に

至ります。小さな土地ですので、地下が駐車場になっています。家の裏側が傾斜に

なっている関係で、基礎の部分を高くする必要などもある関係で地下駐車場後ろが地下

室になっています。リフォームの際に少し内装をやりかけたのですが、結局物置に

なっています・・。

先週の日曜日に工具を取りに、ドアを開けたところ、30cmほど浸水してるんです。

びっくりっ!普段はあまり入らない部屋ですのでいつからどうやって溜まったのか・・??

とりあえず排水用のポンプを購入し、水を抜きました。雨が続いていたので、

コンクリートから染み込んでいるのだと勝手に予想していましたが、なんと雨の降って

いない次の日にも、また満水状態。水漏れの原因がわからないので、応急処置として

朝晩水の汲み上げ作業を行っていました。コンパネで蓋をしている部分に配管が

集中しており、その蓋を外さないと水漏れの原因がわからないので、週末に時間を作り、

悪戦苦闘の末に蓋を外したところ、何と、水道管からの水漏れでした。

(風呂や洗濯機からの排水漏れでなくて一安心)

急いで、友人の水道屋に連絡。ところが友人も体調不良で、病院で検査中。悪徳業者

が多いと聞いていましたので、水道局に連絡して、指定業者さんを紹介頂き、お願い

したところ、すぐに対応頂きました。原因を2人で究明すること・・数分で、漏れて

いる場所が特定出来ました。断熱材をはがすと、銅のバイプなんですが、直径2mm

程度の穴が空いており、そこから勢い良く水が噴射していました。すぐに工事に必要

な継ぎ手や、配管、バルブ等を材料屋に買いに行ってくれて、その日のうちに無事

修理完了。工事には立ち会っていましたので、作業の様子も見ることが出来ましたし、

職人の技も見て取れました。困っている私達には、代金をお支払いするのですがそれ

でもなお、感謝の気持ちで一杯になりました。私達の業務に置き換えた場合、お客様

が困っているケースで仕事の依頼がくる場合も多いです。そんな時に、私達のお客様

対応のクレドには「親切、丁寧な対応を行い、謙虚さと感謝の気持ちを忘れません。」

と記されています。そのような対応が出来れば、必ずお客様をファンにすることが出

来るんですね。再確認する出来事でした。

「水道屋さん、有難う御座いました!助かりました。」

———————————————————————————AtoZtoA——

 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA