「自社の働き方改革をディスカッション・・」(609号)

仕事関係の集いや、セミナー、勉強会どこにいっても「働き方改革」についての

話題ばかりです。今月の日経トップリーダーの特集も「ベスト・オブ 働き方改革」

本年4月から働き方改革関連法案が随時施工され「どう対応したらいいか」と悩む

社長が増えているといわれます。そうした経営者に参考になるよう、企業の取組を

徹底取材して効果が出ている10社の事例がQ&A方式で、掲載されていましたので

簡単にまとめてみました。そのうち8社の取組をご紹介致します。

①大創株式会社:打ち抜き関連資材の製造販売メーカー

Q、残業削減に大きな効果が出るものは?

A、社内の初歩的なミスを徹底して無くすこと。

・図面をクラウド上でチェックするシステムを導入。設計段階でのミス防止で出戻り削減

・朝礼→昼礼に変更、午前中に起こったトラブル&ミスを報告。午後の仕事の見直し実施

②本田商店:出雲そば製造メーカー

Q、仕事を早く終わらせる良い方法は?

A、早退した時間にも給料を払う仕組みを作りました。

・当日すべき仕事が終わったら終業時間前でも早退出来る仕組みを導入

(早退した分の時間は給料の6割支給)

③つるみ観光株式会社(べっぷの宿 ホテル白菊)

Q、時短で、売上が減りませんか?

A、お客様に「良かれと」行っていることにも、無駄が沢山有ります。

・それぞれの持場で様々なムダを見直し、合理化し時短

④株式会社RDサポート:人材派遣業

A、テレワークの社員はさぼりませんか?

Q、自律性を促すルールで、だらだら働くのを防ぎました。

・テレワーク日の時間単位での予定を、前日までに社内に共有することで見える化になり

 緊張感が生まれ、予定開示は、全社員に約束することにもなり生産性向上。

⑤株式会社吉村甘露堂:米菓メーカー

Q、生産性向上にIT化は必要でしょうか?

A、手作業を増やし、機械と同等の生産性を実現

・逆転の発送で、アナログに回帰。自動化→手作業を増やし生産性向上

⑥株式会社アイケイ:マーケティングメーカー

Q、残業削減に前向きな社員が増えません!

A、部署の残業を減らすと、残業代が増える制度を作りました。

・部内で浮かせた残業代を皆で山分けする制度導入で残業減

⑦株式会社 中特ホールディングス:産業廃棄物処理業

Q、ITによる効率化を高くつく?

A、中小の現場なら、安価で出来ることは沢山あります。

・コストパフォーマンスの高いITを積極的に導入活用

⑧株式会社タガヤ:ウェディング事業

Q、子育て世代の社員をどう休ませる?

A、アルバイトのように柔軟に休める勤務形態を導入しました。

・出産のタイムングで、グレード変更を行い、アルバイト同様のシフトで働ける

以上ですが、弊社も次回のグループディスカッションから「弊社の働き方改革」

をお題に取り組みます。長期に成るような題材ですが、「働きやすい」「ワクワする」

仕組みを皆で議論して行きましょう。

————————————————————————AtoZtoA———
 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA