「ユダヤの商法に学ぶ・・」(608号)

今日はお給料日です。私の初めて務めた会社の給料日が10日。その後は独立し、

今のこの会社になりますので、生涯給料日は10日。若い頃は、この日が本当に待ち

遠しく、心待ちにした日でした。お金もないのに、車が大好きだったので、ほぼ

100%ローンで車を購入。そのままでは飽き足らず、車がもう一台買えるほど、

改造費に費やしていたので、毎月ローンの返済と、ガソリン代を除くと、ほとんど残

らずに苦しい日々を送っていました。その分、強制労働のように、休むこと無く、

文句も言わず、真面目に人一倍働くことが出来たのかもしれません。わざわざ車という

名の「苦労」を買っていたのでしょう・・。(笑)

弊社では10日のお給料日は、朝10時から「コーヒーブレイク」の時間を設けて、

皆でケーキを食べながらワイワイと、1ヶ月の頑張りを称賛し合います。「1ヶ月

お疲れ様でしたー。」m(_ _)m  さて、久々に書籍のお話になります・・。

日本マクドナルド創業者:藤田田(フジタデン)さんが、多くの経営者に影響を与え

た大ベストセラー「ユダヤの商法~世界経済を動かす~」99万部売れています。

この本は、昭和47年に発刊されており、著者の藤田田さんは既に故人となっていま

すが、今回は新装版として再び復刊されています。

今、日本経済の舵取りをしている著名な経営者が、同書によってビジネスでの

「成功の本質」を学んだとも言われています。では、藤田作品を「なぜ、今、この

タイミング」で復刊するのか。その理由とは、多くの日本人にとって日々暮らす社会

環境か劇的に変化し、非常に厳しい時代を迎えたからです。そして、この時代を稼い

で勝ち抜くための「答え」が藤田田氏の《商法》の中にいまだ色あせることなく豊か

に「ある」からです。現在、中小、大企業を閧わず「正社員としての終身雇用」か難

しくなっております。特に就職氷河期世代の40代以下の若者にとっては、人生設計

そのものを1から立て直さねばなりません。利益を生み出す「ビジネス」自体を自分

の頭で考え、切り開き、その資金も自分で調達する必要に迫られているのです。

ゆえに藤田氏の著書の中で繰り返し述べる「商売のアイデアを見つける力」、「それを

すぐに実行する力」が、今、まさに求められているからなのです。ビジネスの原理

原則とユダヤの商法に凄い学びを得る1冊です。ご興味のある方は会社の本棚に保管

していますので是非、お読み下さい。

————————————————————————AtoZtoA———
 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA