「大切な数値管理・・」(605号)

カリフォルニア州に本社を置く、顧客管理(CRM)ソリューションを中心とした

クラウドコンピューティング・サービスの提供企業が営業に来られました。

米フォーブス誌の「世界で最も革新的な企業」ランキングでは4年連続で第1位に

選出されている会社でもあります。

音声認識でのショッピング、自動運転でのドライブ…。AIやロボット、IoTといった、

第4次産業革命の技術革新により、 目に見えるカタチで私たちのライフスタイルは

変化しています。すべてがスマートデバイスでつながり、顧客体験が進化するこの

世界で、業務改革を実現しながら、企業とお客様のつながりを時代に合ったサービス

として提供している会社です。具体的には最先端の営業&管理ツールを提供して

くれます。自社の持っているホームページにアクセス頂くお客様を紐づけて、

追跡し様々なアクションを自動で行ってくれるツールの説明を受けました。

その営業担当が、その場で弊社のホームページの解析をしてくれました。

弊社のホームページは、4事業部ともドメインが違う独立したページになっています。

そんな弊社本体のホームページは、毎月2000件のアクセスがあり、会社の規模

からすると優秀な数字になるそうです。営業支援ツールの導入なども今後検討していき

たいと思います。

さて話は少し変わりますが、現在読んでいる書籍「孫社長にたたきこまれた

数値化仕事術」ソフトバンクが急成長した背景には、数値化による戦略が

不可欠だったと言えます。仕事を様々な数値に置き換えるとによって最強の問題解決

ツールにすることによって、劇的な進歩があるのです。そんなことで、弊社も今まで

数値化していなかったことを、きちんと数値化することを急務にしています。どんな

問題や課題も数値に置き換えることで、仮説が出来ます。そのことをもとにPDCAを

繰り返すことで必ず結果が出るのです。また、今まで実感として捉えていたことが、

数値化することで、単なる感覚や、間違った思い込みやであったことに気が付きます。

数値を使わない、判断が結果的に、大きなズレや間違いを生むんです。今後も様々な

数値化を進めていきます。

————————————————————————AtoZtoA———
 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA