「高い目標達成には意識改革が必要・・」(601号)

現在弊社の取引をさせて頂いている銀行は3行あります。地銀2行と信用金庫1行。

3行とも定期的に訪問頂いています。週末に1行の取引銀行の担当者が、訪問されま

した。政府機関にも名をつらねた、やり手の理事長が就任して、ここ数年で急成長

されていた銀行です。ところが急成長のしわ寄せなのでしょうか、残念ながら一部の

行員の不祥事で、惜しまれつつ先日退任し、銀行を去られました。私も何度もお会い

して、理事長の講演会などでも勉強させて頂きました。これからの金融機関、銀行を

大きく変えると、周囲からも期待されていただけに非常に残念です。

これからの、この銀行の再建に注目していきたいと思います・・。

週末に、優秀な後輩に相談を受けました。いつも悩みの相談に頼ってくれる先輩として

は、逆に有り難い存在でもあります。というのは、社会で頑張る超優秀な人材だから

自分自身も大きな触発を受けるからです。彼は優秀な大学出身で、転職をしながら

ステップをはかり、日本最大級のポータルサイトを運営している会社に勤務されて

いました。それだけでも凄いのですが、なんと今月から更にジャンプアップし、

アメリカに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社であり、アメリカ最大級のIT

企業に転職を果たしました。私達がネットで物を購入する際に、利用する会社です。

彼の目標は、アメリカにフィールドを移し、子供をアメリカの世界最高峰の優秀な

大学で学ばせ、世界で活躍出来る人間に育てること。彼自身は最終的には、

インターネット関連のサービスと製品に特化した世界最大規模のアメリカの

多国籍テクノロジー企業に勤めることであります。何のためかというと・・

自身の育ててくれた、周囲の方々や、自身のもつ哲学の偉大さを証明する為に、

世界の企業の頂点への転職を勝ち取り、その企業で活躍することによって社会に

貢献するとの目標です。私も、小さい企業ではあるけれども、自社の経営理念をもと

に、必ず大成させて、社会に貢献することを目標にしています。スケールは全く異

なりますが・・(*_*) 共々に自分の置かれた立場で最大限の頑張りによって活躍する

ことを、誓い合いました・・。

さて週末スポーツ界のニュース、日本人初の快挙に列島が沸きました。

米プロバスケットボールNBAのドラフト会議で、八村塁選手が1巡目で指名され

世界が注目する逸材が最高峰の舞台に挑戦します。関連する新聞記事を紹介致します。

『富山県出身の八村選手がNBAを意識したのは、バスケットボールを始めた中学1

年生の時でした。小学校時代は野球に打ち込む一方、陸上の全国大会にも出場しました。

類いまれな運動能力を持つ彼に、恩師は「NBAに行くんだ」と・・以来、練習では

一流選手のプレーをまね、早くから“世界”を意識したことで才能が一気に開花

しました。努力を重ね、世代を代表する選手へと成長を遂げたのです。八村選手らの

活躍もあり、44年ぶりに五輪出場権を獲得した日本男子バスケは、長期の低迷を

打破するために行った一つが「意識改革」だったのです。アジアの頂点を目指すの

ではなく、“アジアは通過点”という考え方に変え、あらゆる面を世界レベルに上げて

いったそうです。――日本バスケ協会の東野智弥技術委員長は、意識が変われば行動

が変わる。目標が高ければ苦労は尽きないが、その分、大きく成長できる。挑戦と

向上こそ青春の特権であると・・。』

考え方を変える「意識改革」が⇒「行動を変え」やがて⇒「高いに目標を達成」する

ことが出来るのです。私達の行っているクレドを含めた「意識改革運動」を着実に

行い、目標達成していきましょうー。今週も頑張ろうっ!!(^O^)/

———————————————————————————AtoZtoA—-

 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA