「経営のミッション・ビジョン総点検・・」(542号)

昨日、㈱さがみはら産業創造センター(SIC)の橋元社長と広報の荻島様がご来社

下さいました。SIC様の機関誌である「SICかわらばん」の地域企業紹介の3月号に

弊社をご紹介頂ける記事のインタビューの為のご訪問でした。

SIC様は1999年の創業以来「総合的なインキュベーション活動を通じて地域経済

の発展に貢献する」という一貫した企業理念の実現に向けて、入居企業・地域企業の

経営サポート事業をはじめとし、人材育成事業、連携・研究開発事業、投資事業、

ラボ・オフィス賃貸事業などを中心に地道な支援活動を展開しておられます。

私自身経営についての、薫陶を受けたのも、SICの教育支援の取組である「SIC経営塾」

です。ここで学んだことが私の経営のベースとなっています。

さてこの「SICかわら版」は年6回の発行で次号が60号の発行となります。創刊以来

さかのぼると10年の節目の機関誌でもあります。昨日は・・

弊社の概要、生い立ち、沿革、事業内容、様々な取組、企業理念、今後のビジョンなど、

2時間を超える多岐にわたるインタビュー内容となりました。1つ1つ丁寧にご説明

しながら、現状の会社と目標にしている「あるべき姿の会社像」との乖離(かいり)も

確認することが出来ました。また現在弊社は、理念教育に立ち帰り、社員全員で作り上げた、

①「お客様対応」ーーお客様に感動を提供します!

②「チームワーク」ーー仲間を大切にします!

③「人材育成」ーー自分で自分を育てます!

④「仕事に関する誇り」ーープロ意識を持ちます!

⑤「仕事の取り組み」ーーワクワクします!

の5項目に対してその行動の指針となる「クレド」を元に社員全員で

風土改革に取組んでいることなどなど・・・

経営の総点検をするとても良い機会なりました。今後も、会社のミッション

ビジョンを元に経営の向かっている方向、舵取りに間違いがないのか?

従業員の皆さんを幸せに出来ているのか?自分自身を強く戒めながら、慢心や油断を

廃して初心を忘れず常に成長し続けるとの、社名の由来の通りの経営を実践していきます。

尚「かわら版60号」の発行は3月15日に成ります。ご期待下さ~い?!

———————————————————————————AtoZtoA—-
 「技術をデザインする」  マルチエンジニアリングのAZA