「ポジティブな言葉を増やすだけで幸せになれる・・」(505号)

11月に入いり、クリスマスソングも流れ、来月はいよいよ師走!

季節も晩秋→冬支度の季節になりました。AZAの来年の業務カレンダーも

今週中に発表致します。また、皆さんが楽しみにしている忘年会も今週中には

管理部から詳細が発表となります。ご期待ください。明年と言えば、天皇陛下

の退位と新天皇の即位、新年号のスタートです。それに関連して、来年のGW

は10連休となります。弊社もタイミングよく新年号に合わせた形で、明年

創立30周年の佳節を迎えます。30周年の業務でのキャンペーンや記念行事

イベントもこれから検討して参ります。楽しみしてくださいね~・・・

さて、AZAクレドの唱和を2週間行いました。すっかり定着した感は有り

ます。このことにより少しずつ自身の仕事の取組みも,変わってくることを大

きく期待してください。

現在読んでいる、精神科医の樺沢さんが書いた「アウトプット全集」に

「ポジティブな言葉を増やすだけで幸せになれる」ことが書かれています。

ポジティブな言葉とネガティブな言葉のバランスを変えるだけで、仕事も、

人生も、結婚生活も全てうまくいくことが、心理学の研究で判明しています。

ノースカロライナ大学の研究では、職場で話される会話のポジティブな言葉

とネガティブな言葉の割合(ポジティビティ比)を調べてところ、3対1以上の

割合でポジティブ言葉を発するチームが、極めて高い利益を上げ、メンバーの

評価も高い。一方3対1を下回ったチームは、会社への愛着が低く、離職率が

高まりました。最も業績の良かったチームでは、ポジティビティ比が6対1にまで

達していました。また夫婦関係研究所の大家、心理学者ジョン・ゴットマン博士

の研究によるとポジティビティ比が5対1を下回ると、夫婦は高い確率で離婚に

いたり、この事をもとにした離婚予測の94%が的中しました。仕事のでの成功

や、良好な人間関係を維持するためには、ポジティブな言葉がネガティブの言葉

の3倍以上必要であること。ネガティブなアウトプットはしない!そして

ポジティブなアウトプットを増やさない限り、成功や、幸せにはつながらない。

とのことです。逆にネガティブ言葉や悪口は、百害あって一利なしとも言われ、

その言葉を発することにより、余計にストレスを増価させ、認知症になる危険性も

3倍にも増します。

成功したければ、ポジティブな言葉で自分の周囲を満たすことが大切です!

以上の意味でも、AZAクレドは、スーパーポジティブな行動指針で有りますから

クレドを常に意識しながら、業務に取り組むことにより、必ずいい結果が得られ

ることは間違いありません。元気にクレド唱和運動を継続実施していきましょう!

——————————————————————————AtoZtoA—-

~☆ 「技術をデザインする 」 マルチエンジニアリングのAZA ☆~