「きらぼし銀行誕生 3行合併記念講演会」-142号

7月18日(木)長谷川社長と第三設計グループ副グループ長が

きらぼしコンサルティング様主催の「村田兆治講演会」

演題「生涯現役」

~人生先発完投目指して・人生に引退なし~ を受講されました。

下記からは参加された副グループ長の感想になります(*^_^*)

きらぼし銀行誕生 3行合併記念講演会を聴講してまいりました。

講師は野球評論家の村田兆治さんです。
一昔前の野球ファンであれば、誰でも知っている、
現役時代はロッテに在籍し、マサカリ投法で有名な剛速球投手でした。
1967年から23年間で215勝をあげた大投手です。
私も小さい頃にTVで野球観戦していましたのでよく覚えています。

講演タイトルは「生涯現役」

今でも剛速球を投げれる体を維持しているそうですが、
(60歳の時に球速140キロを投げていた)
野球だけの現役生活の事を言われているのではなく、
人生の先発完投、やり出したからには最後までやり遂げることの、
重要さをおっしゃていました。

生涯何かに挑戦し自分のために頑張ること、
それを見て喜んでもらうことで、またパワーが出るとおっしゃっていました。

現在村田さんは、離島の野球少年たちに夢の舞台として、
離島少年少女野球大会を作って十数年になっているとの事でした。

その他、野球をビジネスに置き換えた時に、
分析能力(見る・聞く・考える)、分析した結果を実行する実行力、
本物である・うそをつかない、夢と希望を持ち色々な人と交流し学ぶ等、
自分の走ってきた道を例に取ってのお話しが聞けたのは、
とても貴重な時間となりました。
あっという間の1時間半でした。

途中きらぼし銀行の野球部員の方を座らせての投球を見せて頂いたり、
何故か最後にスクワット50回を聴講者全員でやったり、
最後まで体育会系のノリで有意義な講演会でした。