「目標に向けて挑戦する姿は美しい・・」(392号)

2018y01m04d_080234158

新年明けましておめでとうございます。本年も「ワクワクする会社作り」を

テーマに全力で業務を行って参ります。宜しくお願い申し上げます。

今回の年末年始休業は、例年よりも短くゆっくりとお正月を過ごすというよりは

年末大掃除や、年始の諸行事をこなして終わってしまった感じですね。

いよいよ本日より「Azaコスメティクス」が営業開始となります。

弊社にとって新たな挑戦ですが、既に立てている経営計画を目標として

大谷代表中心に、石崎さん、田中さんと共に全力で取組んで参ります。

本年からは祝祭日がお休みになりますので、この後すぐに3連休もあります

ので有効活用してください。今年は昨年と比べると、休日が9日間も増えます。

昨年は少しですが時短を行い、働き方改革を推進していますが、やはり本命は

残業時間の短縮です。業務の効率を上げる工夫や仕組みを導入して、本格的に

残業時間を短縮して行きます。今期の重点項目課題が5つあります。

念頭にあたり確認しておきたいと思います。

①風土改革&ブランド力向上(クレドを導入し理念教育)

②自己目標と自己実現(CVSS導入)

③経営参画意識向上(完全事業部制)

④働き方改革(年間休日拡大・就業時間短縮・健康促進)

⑤「7つの習慣研修」フォロー教育導入

しっかり取組んで参ります。

話は変わりますが、昨日一昨日行われた箱根駅伝第94回大会で地元の

青山学院大学が総合優勝を果たしました。見事に大会史上6校目の4連覇。

チームの総合力層の厚さが光るレース運びでした。新聞記事を紹介します・・・

『今回、同大学の監督が掲げたテーマは「ハーモニー(調和)大作戦」。

今年は不調が続いたチームをオーケストラにたとえ、各選手が持てる力を出し

切り、“ハーモニー”を奏でることができれば勝てると断言しました。

▼勝負を決めたのは、往路の山上り、5区の走者だった。途中、ふくらはぎと

太ももがつり、立ち止まる。だが次の瞬間、冷静につま先をつかみ、筋肉を

伸ばして再び走りだした。体の限界は超えていたのだろう。それでも気持ちで

前へ進み、首位との差を詰め、復路の逆転につなげた。こうした“一音一音”が

見事に重なり合った“ハーモニー”は、見る人を魅了しました。

▼『箱根駅伝に賭けた夢』(講談社)の著者・佐山和夫氏は

「人間、何が美しいといって、持てる機能の限界に挑戦している姿に勝るものはない」

と。限界に挑む姿の美しさは、スポーツに限らないだろう。一人一人の人間革命へ

の不屈の挑戦があるところに、豊かな“調和”が生まれ、伸展につながる』

新年、新たにたてた目標へ、全力で挑戦し最高の一年にして参りましょう!

———————————————————————————AtoZtoA—-
~☆ 「技術をデザインする 」 マルチエンジニアリングのAZA ☆~