「これからの働き方改革・・・」(386号)

金曜日に忘年会は大変にお疲れ様でした。残念ながら業務の関係で出席出来

なかった方も数名いらっしゃいましたが、久々に30名近いメンバーが集い

今年は、模範の忘年会となり、お互いの労をねぎらいつつ、和気あいあいと

日頃のコミュニケーションが取れない外勤の皆様とも、しっかり懇談が出来ました。

来年も業務に邁進して、楽しい忘年会が出来るように頑張りましょう!

2017y12m11d_094609518

現在「働き方改革」が叫ばれ、様々な取組を行う企業が出てきました。

フジテレビで放送されていた、斬新的な残業削減に取り組む会社の紹介です。

題して・・・「改革VS残業」

①3割削減の働き方改革(新宿:三井ホーム)

・18時の定時の終業時間、突如ロッキーのテーマ曲が!

そして、その瞬間みなさん一斉に立ち上がります。そして「残業するか、定時間で

かえるか、何時に帰るか」を宣言します。残業のチェックを行い、みんなで協力して

終わらせる取り組みをしているんです。

②3割~4割削減の働き方改革(SCSK:弊社のCADソフト購入先)

・インターネットなどのシステム開発を手がけるIT企業。以前は、寝袋で会社に

寝泊りする人がいるほど残業が多かったそうです。「以前は『長く働く』『残業する』

『休日出勤する』っていうのが、美徳みたいに(みんな)思っていまして」今はっ!

「効率的に働いて早く帰る方が、かっこいいと思っていると思います」

実際に給料明細を見せていただくと、1か月2時間の残業に対して、残業手当が

¥36800も!なんと「残業代20時間保障」されています。

「給料が下がって生活に影響を与えるということで、残業代が減らないような仕組み

を入れています」月平均の残業時間が全社で18時間

③5割削減(セントワークス:人材派遣などで介護事業の支援を行う会社)

徹底的に毎日のスケジュール管理を行い、残業時間の短縮などの改革を行っていますが…。

AZAで行っている「10min」を細かい単位で行っています。

やむを得ず残業する人に、手品で使う「マント」を装着して残業してもらうそうです。

毎日では無く、定時間日限定でこの「残業マント」を付けます。かっこ悪くて付けたく

ないので残業しないそうです。

④残業ほぼゼロ(福島・会津若松 Eyes,Japan:ソフトの開発を手掛けるIT企業)

「遠隔で働いている者がいるので、オフィス内を自由に歩いてもらったり、会議に参加

してもらう形、自宅のパソコンを使い、テレビ電話のように会話。家で数時間、このように

働くことも薦めていて、この方法だと勤務時間そのものが少なくなり、残業がほぼゼロに。

また社員のストレス発散用に、ギャグで設置したサンドバッグ!そのサンドバックには

「社長の似顔絵が書かれています・・・」(@_@)

弊社でもユニークな、自社に合った働き方改革を進めていけるように検討して行きます。

———————————————————————————AtoZtoA—-
~☆ 「技術をデザインする 」 マルチエンジニアリングのAZA ☆~